相模原・町田・八王子のエリアの火災保険を使った災害によるお家の屋根・雨樋・外壁などの修理・修繕は「家さぽNAVI」にお任せください!

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

火災保険について

Q:火災保険で屋根が本当に直せるでしょうか?

A:火災保険は、火災による被害にしか使えないと思われがちですが、日ごろの雨風や雪による自然災害でも保険金が下りることが多いです。
ご不明な場合には、当社の担当が火災保険証券などを確認させていただき、申請のお手伝いをすることも可能です。なお申請までのお手伝いは無料です。

Q:自然災害の修理で火災保険を利用する人は少ないのでしょうか?

A:保険の補償内容は、とても複雑なケースが多いため、自然災害に使えることを知らない方が多いようです。また、知ってはいるが申請が難しいなどの理由で申請を断念される方もいるようです。当社であれば申請サポートも行いますので、お気軽にお問い合わせください。

Q:火災保険を使うと保険料は変わりますか?

A:火災保険は自動車保険と違って、保険を使っても使わなくても保険料が変動すると言うことはありません。また、加入している限り何度でも使うことができます。適切に使うと大変便利な保険と言えます。

Q:損害保険金は保険期間中であれば何度でも支払われますか?

A:はい。何度でも支払われます。損害保険金を支払った場合でも保険金額は減額しないので、何度でも支払われます。ただし、損害保険金の支払額が1回の事故につき、保険金額(保険金額が新価額を超えるときは、新価額)の80%に相当する額に達した場合は、損害が発生した時に保険契約は終了します。

Q:火災保険の申請を当社に依頼した場合に費用はかかりますか?

A:保険が下りなかった場合や、当社でお伺いして調査の結果、申請する箇所が見つからなかった場合は、一切費用はかかりません。
申請した破損箇所は全ておりた保険金内で綺麗に修理させていただきますのでお客様が負担する費用はございません。同時に塗装工事などのリフォーム工事を行なっていただく場合、その足場をそのまま使いますので、塗装工事において足場代をカットすることができます。

Q:家の修繕をしてしまったのですが、修繕後でも保険の申請はできますか?

A:リフォーム工事をして破損箇所が直ってからだと、破損部分の状況確認ができずなくなるので、火災保険の申請をしても受け付けてもらえないこととなります。
リフォーム工事をするのであれば、火災保険を申請して補償金を受給し、その補償金を使ってリフォームをすれば少ない出費で修理をすることが可能です。修繕しようかな?と思ったら工事をする前に火災保険を申請することをお勧めします!

Q:保険の申請がとても面倒なのですが大丈夫でしょうか?

A:保険の申請については当社のスタッフが丁寧にサポートさせていただきます。当社で修繕を受け負わせて頂いた場合は、保険の申請サポート料はかかりません。

Q:火災保険の申請は自分でも可能ですか?

A:ご自分で申請することも可能です。ただし、正しく破損個所を調べる調査力、申請に必要な書類を不備なく記載する書類作成能力、疑義が生じた場合に保険会社と対応する応対能力が求められます。
いずれにしても見積もりなどは必要になりますので、確かな調査力、書類作成能力、応対力を備えた当社であれば手間と費用が省けるものと思います。お気軽にお問い合わせください。

Q:火災保険から補償金が受給できたら、必ず修理やリフォームをしなければいけませんか?

A:必ず修繕等をしなければならないという義務はありません。ただし、「損害保険金」という名目の場合は、保険会社はあくまで修理することを目的として補償するお金なので、修繕しない場合には、次に同じ箇所により大きな被害が出たとしても、修繕していないという理由で保険がおりないと言うリスクがあります。安心して暮らして頂くためにも補償金を受給したら修繕されることをおすすめします。

Q:保険の申請サポートのみはしてもらえますか?

A 保険の申請さポートのみでも可能ですが、保険申請サポートのみの場合は補償金の30%をサポート手数料としていただいております。もちろんこの手数料は、お客様に実際に補償金がご入金された後で請求するものであり、万が一補償金を受給することができなかった場合は一切手数料の請求はございませんのでご安心ください。また、当社で修繕をしていただいたお客様につきましては、このサポート量は発生いたしません。

 

屋根の修繕(リフォーム)について

Q:見積もりをお願いしたいのですが、費用はかかりますか?

A:見積もりは無料で承っております。是非他社様と比較してご検討ください。お電話またはお問い合わせページから簡単に見積もり依頼ができます。お見積もりにあたり、火災保険などを活用したプランの提供をさせていただきます。お客様にとってデメリットはありません。

Q:施工や家の診断調査は、雨の日でも作業することは可能でしょうか?

A:一番いい環境で作業することが、結果的にお客様の満足度にも繋がると考えております。雨などの難しい環境下では、良い仕事はできないと考えます。また塗装などの作業の場合には仕上がりに悪影響が出ます。天候により工期や作業日程に変更がある場合もございますのでご了承ください。

Q:破損しているかどうか不明なのですが、修繕って必要なのでしょうか?

A:下から見上げただけでは古さもなく、損傷も無さそうに見えても、屋根に登って近くで確認するとスレート屋根が破損、雨どいが破損しているなどということはよくあります。屋根や壁面は毎日太陽や雨、風などによる飛来物などの影響を受ける過酷な状況に置かれています。建物の中でも一番損傷を受けやすい箇所です。目に見える被害が出てからでは修繕費が高額になるケースもあります。一見何もないような雨樋の曲がり被害でも十分保険金の受給できるケースもありますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

Q:住みながらでも工事できますか?

A:住みながらでも工事はできます。
大がかりな修繕の場合でも、1、2階に分けるなどして工事できますので、問題ありません。

Q:工事期間に雨が降っても大丈夫なのでしょうか?

A:問題ありません。基本的に雨降りや台風などの悪天候の中での工事は控えますが、急な天候の変化にも対応できる養生用品を装備しておりますので、工事中の突然の雨にも対応できる施工をいたします。

Q:工事期間はどれくらいかかりますか?

A:工事内容、屋根の形や大きさによって工期は変わってきますが、足場を組んでから一般住宅の場合4~5日を目安に考えていただくとよいでしょう。

Q:天井や壁にシミができたり、雨のとき天井裏で雨音がしますが大丈夫でしょうか?

A:瓦及び防水シートなどの損傷が考えられます。放置して直ることはありませんので早急な対策が必要です。放置しますと、天井や壁のクロスに雨じみを残すだけでなく、屋根の野地板(下地)や骨組みに重大なダメージをもたらし、費用の大きくなるケースがあります。気になる場合は早めの修繕を行うとよいでしょう。

Q:屋根の修理時期の目安はどれくらいですか?

A:屋根の種類や瓦の種類、環境等によっても異なります。数年に一度は定期点検をおすすめしております。特に大きな台風などがあった後などは定期点検を行うとよいと言えます。定期的なメンテナンスをきちんとしていれば、粘土瓦などは30年から50年はもつと言われています。

Q:屋根や雨樋、外壁なども一緒に修繕できますか?

A:一緒に修繕可能です。むしろ足場を組む場合には一緒に工事を行った方が費用もトータルの工事期間も短くできますので、お客様の負担も少なくなります。ご不明な点などがありましたら、訪問させていただきお答えさせていただきますので、ご連絡ください。

Q:屋根の修理は、自分でもできるものでしょうか?

A:ネットなどで修繕のやり方などが紹介されているケースもありますが、屋根の修理は高所での作業となりますので、危険も伴います。ご自分でやってみて失敗してしまった場合には保険適用外になるなど、より多くの費用が掛かるケースも少なくありません。専門業者に任せることが、結果として費用を抑え、安全に正しく修復し、長持ちさせるための一番の方法といえるでしょう。

Q:工事中に留守にしても大丈夫でしょうか?

A:はい、まったく問題ありません。屋根や外壁の工事では、基本的にお家の中に入らせていたくことはありません。実際に、施工中にご家族皆様が外出されるケースも多くありますのでご安心ください。

お家の調査・修理修繕の見積は無料です TEL 0120‐127‐067 平日9:00~18:00

PAGETOP
Copyright © 家さぽNAVI All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.